ふるさとは遠きにありて思ふもの

b0368075_08175015.jpg

18歳で田舎を出たので、すでに東京生活の方がはるかに長くなりました。

都会暮らしに疲れたときに、ふと帰りたいなあと思うこともあります。


室生犀星の詩は次のように続いています。


ふるさとは遠きにありて思ふもの

      そして 悲しくうたうもの



とても分かる気がします。


[PR]
by lucky-g | 2017-05-24 08:31 | スナップ写真

「時が止まればいいのに」、そんな子供の頃からの夢をかなえる方法が写真なのかもしれません。


by lucky-g