カテゴリ:スナップ写真( 59 )

before the dawn

b0368075_08170859.jpg

旅先で枕が変わっても、いつもの時間に目覚めます。

すると、窓の外がなにやらパステルカラーに包まれてました。

冷蔵庫からミネラルウォーターを取ってきて、
しばしの天空ショーを楽しむことにしました。








[PR]
by lucky-g | 2017-05-25 08:25 | スナップ写真
b0368075_08175015.jpg

18歳で田舎を出たので、すでに東京生活の方がはるかに長くなりました。

都会暮らしに疲れたときに、ふと帰りたいなあと思うこともあります。


室生犀星の詩は次のように続いています。


ふるさとは遠きにありて思ふもの

      そして 悲しくうたうもの



とても分かる気がします。


[PR]
by lucky-g | 2017-05-24 08:31 | スナップ写真

郷愁

b0368075_07135015.jpg

祖父の家は樽の工場を営んでいて、
職人さんを多く世話していました。

おそらく賄いの食事のためなのでしょう、
いくつもかまどが並び、こんな感じの囲炉裏もありました。

かまどの火の番をするのがワクワクする非日常体験でした。

もう今は大半が駐車場になってしまって、
あの頃の面影はまったくありません。

懐かしいなあ。






[PR]
by lucky-g | 2017-05-12 07:28 | スナップ写真

新緑の風景2

b0368075_08393499.jpg



目に鮮やかな新緑のなかを、ノラちゃんお散歩の絵。

ウチも一匹ぐらい猫がいたら、さらに楽しかったかな~。

*昨日の記事の焼き直しです(^^;





[PR]
by lucky-g | 2017-05-02 08:43 | スナップ写真

新緑の風景

b0368075_07411971.jpg


目に鮮やかな新緑のなかを母娘3人でお散歩の絵。

ウチも一人ぐらい娘がいたら、さらに楽しかったかな~。

被写体としても、野郎よりもやはり女の子がいいし(^^;



[PR]
by lucky-g | 2017-05-01 08:11 | スナップ写真

Yokohama Bay Blues

b0368075_08273263.jpg

上田正樹の「悲しい色やね」、昔よくカラオケで歌いました。

♪Hold me tight 大阪ベイブルース

のサビのとこ、「Bay Blues」のことと分かったのは、
ずいぶん後のことでした(恥)。

あんまり歌詞を気にしてなかったんですね。
なんとなく野球選手っぽいな~的な。



[PR]
by lucky-g | 2017-04-28 07:38 | スナップ写真

髪を切った理由

b0368075_08032490.jpg


大学生の長男が、3年間伸ばしていた髪を切りました。
*彼は音楽方面へ進む予定

音楽セミナーの先生に、
「どうすればモテますかね?」と尋ねたところ、
「そのロングヘアーはイケてないんじゃね?」と言われたとのこと。

おいおい、だから前から言ってたじゃないか。
イマドキ80年代のLAメタル風の髪形してるやつはいないって(笑)。

まあ、親の言うことはなかなかね(^^;

彼にもそろそろ春が来ますように・・・。





[PR]
by lucky-g | 2017-04-14 08:27 | スナップ写真

桜の下の猫

b0368075_07463856.jpg

2月頃に「桜待つ猫」という記事を上げました。

あのときの猫ちゃんとは違いますけど、春が来てよかったね(^^)



[PR]
by lucky-g | 2017-04-13 08:03 | スナップ写真

春へようこそ

b0368075_07410210.jpg


やっと、ホントようやく今日からは春らしい陽気みたい。

今日の午後は撮影に行けそうです(^^)




[PR]
by lucky-g | 2017-04-12 07:46 | スナップ写真

Somewhere in Time

b0368075_08034094.jpg


週末は雨だったのでずっと映画を見てました。
(アマゾンプライムはおススメ^^)


ある日どこかで(邦題)

「スーパーマン」のクリストファー・リーブ若かりしころの作品です。

リチャード・マシスンの名作「Somewhere in Time」が原作です。
いわゆるタイムトラベルものです。

この手のものはほとんど読破しているので当然原作は読んでいました。
が、映画化されているのは知りませんでした。

素晴らしかったです。

彼の演技もよかったのですが、ジェーン・シーモアの美しさが際立っていました。
彼が時を超えてまで逢いに行く必然性が分かるというものです。

とくに冒頭に登場する彼女のポートレイトは必見です。

また、小ネタとしては、
彼がタイムトラベルの理論を尋ねる研究者の名前が、
「J・フィニィ」になっていました。

タイムトラベルの古典を多く書いた
「ジャック・フィニィ」へのオマージュですね(^^)



[PR]
by lucky-g | 2017-04-10 08:29 | スナップ写真

「時が止まればいいのに」、そんな子供の頃からの夢をかなえる方法が写真なのかもしれません。


by lucky-g